ドローンショーといえばドローンを飛ばすエンターテイメントですが、屋内で楽しめるようにできるか気になる方もいると思います。

屋内で開催する方法はインドアドローンショーがありますが、屋外と比べてどのような違いがあるか確かめると便利です。

ドローンショーは屋外で開催するとドローンの台数や場所代、アニメーション制作など多くの費用がかかりますが、屋内であれば安くなるため手軽に開催できます。

この記事ではインドアドローンショーの開催事例や費用の目安などを解説し、屋内で楽しみたい方に役立つように分析します。

インドアドローンショーは限られたスペースの中で開催できますが、この記事を参考に楽しむためにはどのようにすべきか考えるようにしましょう。

この記事でわかること

・インドアドローンショーの概要

・インドアドローンショーの開催事例

・インドアドローンショーの費用

ドローンショー開催の流れ

1.お問い合わせ

2.ロケハン

3.アニメーション制作

4.許可申請

5.リハーサル

6.ショー本番

ドローンショーの開催については、下のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

インドアドローンショーとは?概要を解説

インドアドローンショーは屋内でドローンを飛ばして楽しむエンターテイメントであり、屋外のように制限を受けないため開催のハードルが低くなりました。

このため、確保するスペースが限られることで航空法や電波法の規制を受けずに済むため、屋外で実施できなくて困っている場合に最適です。

インドアドローンショーが実施できる条件は「20m四方、高さ5m」を確保することですが、法律による規制がないため自由に開催できます。

また、インドアドローンショーは商業施設やライブハウスで開催できるため、イベントを盛り上げるなど目的を決めると効果的です。

ドローンショーはLEDライトを搭載したドローンを使いますが、屋内では小型のドローンで少ない台数でも個性的なアニメーションを作り出せます。

インドアドローンショーは現時点で実施事例がそれほどありませんが、アイデアを生かして個性的な演出を楽しめるようにすると盛り上がれること間違いなしです。

インドアドローンショーの開催事例

インドアドローンショーはどのようなことをするのか気になる方もいますが、以下の事例を参考にすると参考になると思います。

また、インドアドローンショーは限られた場所を有効活用し、観客が楽しめるように開催することが大事です。

インドアドローンショーはアイデア次第で個性を出せるため、以下の5つの事例を参考にして考えてみましょう。

株式会社ドローンショー インドアドローンショーデモフライト

株式会社ドローンショーが開催したインドアドローンショーのデモフライトであり、LEDライトを搭載したドローンを使って演出する様子を観察できます。

インドアドローンショーは狭い場所でドローンを飛ばすため、飛行範囲は限られて台数が少なくても演出しやすいことがメリットです。

デモフライトはドローンを飛ばして演出する方法が分かるため、インドアドローンショーを開催しようと考えている方に参考になります。

インドアドローンショーは場所が狭いためLEDライトの光が届きやすく、広いスペースを確保しなくても開催できることが特徴です。

このため、動画は30秒程度と短くなりますが、参考にするとインドアドローンショーをイメージしやすくなります。

インドアドローンショーを開催したいと考えている方はこの動画を参考に、最適なシチュエーションを決めるきっかけにすると盛り上がれること間違いなしです。

Indoor DRONESHOW Christmas animation

2021年7月16日に株式会社ドローンショーが石川県産業展示館3号館でインドアドローンショーを開催し、クリスマスイベントを盛り上げました。

このショーはクリスマスツリーの周辺にドローンを飛ばし、搭載したLEDライトを使って聖夜にふさわしい幻想的な風景を作り出しています。

ドローンの操縦は屋外ではGPSを使ってできますが、屋内では対応できないため独自の方法でしないといけません。

このショーはクリスマスツリーの周囲にドローンを飛ばすため、操縦にはテクニックが必要になります。

イベントはドローンショーを3回実施してからFPVドローン操縦の体験会や講演会も開催し、参加者がドローンを楽しむきっかけになりました。

このショーはクリスマスツリーの周辺にドローンを飛ばしてカラフルな光を作り出し、イルミネーションのようなアニメーションで観客を楽しませています。

BMW 5 Launch Event

SKYMAGICが新型BMW5シリーズの発売に合わせて開催したドローンショーであり、曲に合わせてドローンによって演出しています。

二人の弾くエレキギターの音がパワフルになり、暗くなった会場を盛り上げるようにLEDライトを搭載したドローンが飛んできます。

最後に、発売を記念する新型BMWシリーズの車が会場に現れて光のランウェイを走り、インドアドローンショーのクライマックスを飾るところが特徴です。

このショーは新型BMWを祝いすることがコンセプトになり、ドローンが鳥のように羽ばたいて演出することで盛り上げています。

ドローンは空を飛べるため空中からLEDライトを使って光の演出ができ、屋内ではスペースが限られますが反射されて明るくなり盛り上がれることが魅力です。

SKYMAGIC INDOOR DRONE SHOW

開催業者のSKYMAGICは空間情報化サービスであり、津軽三味線の音に合わせてドローンで和をイメージさせる模様を作り出すような演出になりました。

ドローンは搭載するLEDライトを使っててまりのようなイラストを作り出し、リアルに弾んでいるようなアニメーションが特徴です。

背景には夜空の中に浮かび上がる富士山を描き出し、三味線ライブを楽しんでもらえるような演出を実現しています。

ドローンはLEDライトを搭載して空中に個性的なイラストを作り出せるため、このショーではライブで盛り上がる演出を実現したといえます。

アニメーションはドローンの動きと光を発するタイミングが絶妙であり、会場の演出と合わせてリアルに満喫してもらうようにすると効果が高いです。

INDOOR DRONES | SKYMAGIC

シンガポールのSKYMAGICによるインドアドローンショーの様子であり、屋内でもドローンショーができることを紹介しています。

ドローンは空中で自由自在な動きができるため、LEDライトで色を変えながら個性的なデザインやアニメーションを作り出せる方法として使うと効果的です。

インドアドローンショーは屋外と違い限られたスペースの中で開催しますが、それゆえに光が反射しやすくなり手軽にドローンを使ったエンターテイメントが実現できます。

このショーでは会場を暗くしてからステージにスポットライトを照らし、その周辺をLEDライトを搭載したドローンが飛び回って演出する仕組みです。

ドローンの台数や会場は不明ですが操作はプログラミングされているため、一体感がある動きを実現できてイベントのついでに開催すると盛り上がれます。

インドアドローンショーにかかる費用は?

インドアドローンショーにかかる費用は以下のようになり、100万円から実施できるため屋外よりも安くなります。

また、準備するドローンの台数も10台~20台と少なく、会場の大きさや規模に合わせて決めると良いかもしれません。

インドアドローンショーにかかる費用はベーシックプランで100万円とオプション料金になり、「ベーシックメニュー」「ドローンメニュー」「オプションメニュー」があります。

ベーシックメニューは進行管理、現場の視察や運営、リハーサル、アニメーション制作、各種保証があり、屋外のように許可を受けずにできます。

ドローンメニューはコンセプトや費用の目安を伝えると最適な台数を提案してもらえますが、ヒアリングで予算やコンセントを明確に伝えることが大事です。

オプションメニューは会場費や記録映像の収録、配信、音響資材にかかる費用になり、イベントのコンセプトに合わせて決めると盛り上がれるようになります。

まとめ

インドアドローンショーは屋外のように航空法に影響しないため許可を受ける必要がなく、費用も100万円から開催できることが特徴です。

しかし、ドローンショーは屋外のほうがメジャーであるため、インドアドローンショーは開催事例が少なくなっています。

インドアドローンショーはLEDライトを搭載したドローンを飛ばして演出しますが、少ない台数でもスペースが限られるためリアルになります。

ただし、インドアドローンショーは障害物があることや屋外と違いGPSに対応できないため、ドローンをうまく操縦できるノウハウが必要です。

インドアドローンショーは商業施設などでのイベントを盛り上げるために最適です。

コンセプトを決めて開催を検討してみてはいかがでしょうか。

ドローンショー開催の流れ

1.お問い合わせ

2.ロケハン

3.アニメーション制作

4.許可申請

5.リハーサル

6.ショー本番

ドローンショーの開催については、下のボタンよりお気軽にお問い合わせください。