ドローンは私たちの生活に革新をもたらしていますが、使用する中で大きな問題点があります。

それがバッテリーの問題です。

新品のバッテリーは高価で、使わない期間が長ければ長いほど、その価値は減少していきます。

しかも、使い終わったバッテリーの処分は環境にも負担をかけます。

これらの問題を解決する画期的な方法が「ドローンのバッテリーだけのレンタル」です。

本記事では、バッテリーレンタルのメリットやレンタルできる業者の紹介、取扱時の注意点について詳しく解説します。

この記事を読めば、あなたもドローンのバッテリー問題に悩まされることなく、もっと手軽に利用する方法を知ることができるでしょう。

ドローンのバッテリーだけのレンタルも可能

ドローンバッテリーのレンタルは、レンタル業者が必要なバッテリーを一時的に貸し出すサービスを提供してくれます。

ドローンを保有していれば必要な時に必要な分だけバッテリーを利用でき、経済的負担を軽減することが可能です。

ドローンのバッテリーは新品を購入するのが一般的ですが、予算の関係で複数購入できない方も多いのではないでしょうか。

バッテリーだけをレンタルすることで、購入するよりもコストを抑えて運用できます。

ドローンのバッテリーをレンタルするメリット

ドローンのバッテリーレンタルはさまざまなケースで利用できるメリットがあります。

一時的に使用したい場面や緊急時にも活用でき、保管やメンテナンスのコストと手間を抑えることが可能です。

バッテリーレンタルのメリット3選
  • 長時間のフライトをする際だけ借りられる
  • ドローンとセットで借りるよりも料金が安く済む
  • 旅行先や出張先でも借りられる

詳しく解説いたします。

長時間のフライトをする際だけ借りられる

バッテリーだけのレンタルは、長時間のドローンフライトが必要な時だけ借りる際にとても便利です。

レンタルサービスを利用すれば、プロジェクトや作業の性質に応じて必要なだけバッテリーを借りられ、予期せぬ長時間のフライトが必要になった際でも迅速に対応することが可能です。

単体のバッテリーでは長時間のフライトに対応できないため、複数購入することが必要になり、経済的な負担となります。

しかし、レンタルならば必要な時だけ借りられ、無駄な出費を抑えることが可能です。

またレンタルサービスを利用することで、バッテリーの保管やメンテナンスの手間を省くことも可能です。

ドローンとセットで借りるよりも料金が安く済む

バッテリーだけのレンタルはドローンとセットで借りるよりも、割安でレンタルできます。

バッテリーを個別にレンタルできれば必要な数だけ借りられ、コスト削減につながります。

レンタル料金の比較(ドローンレンタルネット)

DJI Phantom4 PROレンタル料金(1泊2日)
ドローン本体+バッテリー13,800円(税込)
バッテリーのみ1,900円(税込)

また、バッテリーレンタルならば異なるモデルを選択できるため、自分のニーズに合った性能や容量のバッテリーを選ぶことが可能です。

購入前に試すことで、今後の買い替えの際の参考にもなります。

旅行先や出張先でも借りられる

バッテリーレンタルは旅行先や出張先で借りる際もとても便利です。

旅行先でバッテリーがレンタルできれば荷物を大幅に減らせます。

バッテリーはドローンの一部とはいえ、それなりの重さとサイズがあるので、旅行先での長時間の移動は持ち運びが大変です。

またドローンのバッテリーは充電が必要ですが、旅行先や出張先では常に適切な電源環境が整っているわけではありません。

レンタルならば充電済みのバッテリーを借りられ、充電切れで使えないという心配はないため、旅行先などで使用したい場合に非常に便利です。

旅行先や出張先でレンタルを活用できれば、快適にドローンの撮影を楽しめるでしょう。

ドローンのバッテリーレンタルが可能なレンタル業者3選

ドローンのバッテリーのレンタルできる業者は複数あり、適切なコストで必要なバッテリーを提供してくれます。

業者によって商品やセット内容、価格が異なりますので、用途に合わせて事前にメニューを確認するようにしましょう。

おすすめのレンタル業者3選
  • ドローンレンタルネット
  • ドロサツ!!
  • スカイシーカー

詳しく解説いたします。

ドローンレンタルネット

ドローンレンタルネットは、様々な種類のドローンや関連機器をオンラインでレンタルできる企業です。

24時間365日ネット予約が可能で、自宅まで宅急便で届けてくれます。

会社情報

販売者名株式会社ボルート
運営統括責任者三上晃司
所在地東京都台東区台東1-5-26
電話番号050-3754-3962
ドローンレンタルネットの6つの強み
  • 安心レンタル補償制度
  • 往復送料無料
  • 即日配送対応
  • 豊富なオプション
  • 最新機種のレンタル
  • 安心のメンテナンス管理

ドローンレンタルネットでは、機体保険に加入しており、損害賠償にも対応しています。

往復送料無料で利用ができ、当日発送のサービスにも対応してくれます。

またメンテナンスも徹底した品質管理を行っており、安心してレンタルができます。

複数レンタルやバッテリー単体のみの貸し出しもあり、高価なプロ用の最新ドローンもいち早くお試しが可能です。

バッテリーは全部で12種類用意されており、1日〜7日までご希望に合わせてレンタルができます。

料金はバッテリーの種類により1,400円〜25,200円と幅広い価格帯になっているため、予算に応じて種類を選びましょう。

ドロサツ!!

ドロサツ!!はドローンのレンタルだけでなく情報発信やリース、月額レンタル、コンサルティング等のドローン関連サービスを展開しています。

会社情報

会社名株式会社drone supply & control
代表者溝口実
所在地東京都中央区東日本橋2-20-2
電話番号03-5825-6070
ドロサツ!!の3つの強み
  • 機体保有台数業界No.1
  • 初めての方にも嬉しい安心・安全設計
  • 導入支援サービスが充実

ドロサツ!!は24時間サイトから簡単にレンタルの申し込みができ、取り扱い機種はホビー向けのものから大型産業用ドローンまで様々な種類のレンタルが可能です。

機種選びや飛行計画に便利なSORAPASSを無償提供してくれるだけでなく、各種申請代行サービスも用意されています。

また産業機の導入支援やパイロット派遣の他、ドローン講習会の実施やイベントの企画運営も可能です。

スカイシーカー

スカイシーカー法人向けのドローンレンタルを行っており、高品質な機材や柔軟なレンタルプラン、そして信頼性の高いサポートがユーザーに快適なドローン体験を提供してくれます。

会社情報

会社名株式会社スカイシーカー
代表取締役佐々木政聡
電話番号03-6260-8960
所在地東京都千代田区神田富山町25番地サンクス神田ビル地下1階
スカイシーカーの4つの強み
  • ソリューション企業ならではのサポート
  • 実証実験やデモ飛行訓練での利用も可能
  • スクールや講習用機材としてレンタル可能
  • スピード見積り対応でストレスフリー

スカイシーカーは、点検・調査・空撮などの多くの業務を請け負っており、様々なお客様の相談に対応してくれます。

試験的な使用やSDK開発によるソフトウェアのテスト等での使用や、ドローンスクールや体験会等で使用が可能です。

また営業時間内にお見積りの依頼すれば、当日に見積書を発行してくれます。

バッテリーのレンタルは16種類のラインナップがあり、1泊2日の短期レンタルから、最長で7ヶ月以上の長期レンタルも可能です。

ドローンに使用されるバッテリーの特徴

ドローンに使用されるバッテリーは軽量で高容量な特徴を持ち、安定した電力供給を提供してくれるので、長時間の飛行や高性能な操作が可能です。

使用されている電池は「リチウムイオン電池」で、リポバッテリーと呼ばれています。

リポバッテリーの特徴は、エネルギー密度が高く効率の良い電源供給ができるところにあります。

そのため、軽量かつ小型にしても大きな出力を実現でき、軽量にして浮力を稼ぐ必要のあるドローンには最適です。

エネルギーの密度が高く、軽量で効率の良い電源供給ができることも特徴の一つです。

小型でも従来の電池より大容量の電力を持っているため、パワーが必要なドローンの電池として適しています。

ドローンバッテリーの取り扱い時の注意点

リチウムイオン電池はゲル状で、衝撃に弱く墜落すると破裂するため、取り扱いは注意が必要です。

保管場所や管理方法が悪いとぶつかったり、落としたりするショックで壊れるリスクや場合によってはショートして発火する恐れがあります。

そのため、頑丈な容器で保管することが重要です。

アルミケースや専用のポリ袋に入れて保管と持ち運びをするようにしましょう。

バッテリーを長持ちさせるコツとは

ドローンのバッテリーを長持ちさせるコツは、急加速や急停止をしないことです。

急激な動きは電力を要するため、電池に負担がかかるので避けた方がいいでしょう。

また電池の残量をギリギリまで減らして使うのも電池への負担になります。

目安として30%くらいの残量になったら充電するようにしましょう。

ただし充電回数が多いと過充電につながるため、50%くらいの充電量で保管しておくことをおすすめします。

まとめ

今回はドローンバッテリーをレンタルすることのメリットやレンタルできる業者、取り扱い時の注意点について解説しました。

ドローンバッテリーのレンタルは一時的に使用したい場面や緊急時にも活用でき、保管やメンテナンスコストと手間を抑えることが可能です。

レンタルできる業者も複数あり、商品のラインナップやレンタル期間も異なるため、自分の用途にあった業者を選ぶことをおすすめします。

バッテリーの取り扱いにも注意が必要になり、衝撃が加わると発火する恐れもあるので、頑丈な容器で保管が必要です。

ドローンバッテリーのレンタルをうまく活用し、快適なドローンライフを満喫しましょう。