ドローンショーは、複数のドローンをあらかじめプログラムで制御することにより、夜空へさまざまなモチーフを描く新型のエンターテイメントです。

そんなドローンショーの魅力に触れ、観るだけでなく実際に携わるスタッフの一人として貢献したいと考える方もいるでしょう。

この記事ではドローンショーの求人募集がある仕事を紹介し、それぞれの特徴をくわしく解説していきます。

また、ドローンショーを開催する企業の特徴や事例などもあわせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンショーの求人は携わるスタッフを募集しますが、採用されるためには仕事内容や求められる人材の特徴を把握する必要があります。

ドローンで人を楽しませたい方はドローンショーの求人募集に応募し、作り上げる側に立つことでやりがいを感じられるよう考えていきましょう。

この記事でわかること

・ドローンショーの求人募集のある仕事
・ドローンショーを行っている企業
・ドローンショーを行っている企業のドローンショー

ドローンショー開催の流れ

1.お問い合わせ

2.ロケハン

3.アニメーション制作

4.許可申請

5.リハーサル

6.ショー本番

ドローンショーの開催については、下のボタンよりお気軽にお問い合わせください。

ドローンショーの求人募集がある仕事を紹介

ドローンショーの求人募集がある仕事は具体的に何があるのか気になりますが、以下の4つがあるためそれぞれの特徴や求められる条件を確かめると応募するために役立ちます。

4つの仕事はパイロット、アニメーター、法人営業、インターンがあるため、ドローンショーの成功に関わりたいと考えている方におすすめです。

しかし、仕事をするためには求められる技能や知識など条件を確かめ、応募する際にアピールして採用される必要があります。

パイロット

ドローンの操作は有人航空機のようにパイロットが操縦するわけでなく、プログラミングを組んでいるため必要な人員が少なくて済みます。

パイロットの求人はパソコンでプログラミングを組み、ドローンが正常に動くか確かめるための要因のみしかないためそれほど多くありません。

ドローンショーは多くのドローンを飛ばすために多数のパイロットが必要だと思われますが、実際にはプログラミングで自動化できて監視するための人員だけです。

このため、ドローンショーのパイロットの求人はほとんどないため、ただ単にドローンの操縦ができても仕事にありつけません。

パイロットはあこがれの仕事としても有名ですが、ドローンはプログラミングで動かすためドローンショーでは不要です。

アニメーター

アニメーターはアニメーションを制作するため、ドローンショーの基盤となる仕事です。

ドローンショーはアニメーション制作が基本になるため、3DCG技術を生かせるようアイデアを考えることが必要です。

アニメーション制作は企画を検討してから3Dモデリング、ボーンアニメーション、CADデータ、リトポロジーから2Dに変換して色を調整し、ドローンでエンターテイメントを実現します。

このため、クライアントと相談して目的や要望を聞き、ドローンショーのコンセプトに合わせてデザインやアイデアを検討できるように企画することが必要です。

また、関係者とのコミュニケーションをきちんと取り、ドローンショーの実現を目的として協力できる人材が求められます。

応募資格は各種専門学校を卒業して3dsMaxを3年以上経験し、基礎的なPCスキルがあることが条件です。

PCスキルはプログラミングで必要になるため、PowerPoint、Excel、Word、Windowsの知識が求められます。

法人営業

ドローンショーの法人営業は新規の問い合わせ対応や顧客開発がメインになり、仕事内容はお客様と話し合って契約まで取り付けるためコミュニケーション能力が求められます。

一般的に、ドローンショーは7つのステップがあり、実施場所のロケハン、契約、アニメーションご提案、プログラミング、BGM制作、リハーサル、本番です。

法人営業の仕事はそれぞれのステップにおいてお客様の要望を聞き、アニメーターやクライアントなどドローンショーの関係者と打ち合わせします。

このため、中国語や英語を話せてWordやGoogleドキュメント、スプレッドシート、GoogleスライドなどのPCスキルが必要ですが、ドローンの知識や経験は不要です。

インターン

ドローンショーのインターンはオフィスで単純作業する仕事であり、給料は時給制になり長期で働ける人を募集しています。

基本的に、インターンは会社で働くことを体験する仕事になるため、ドローンに関する様々な業務を通してドローンショーの実現に貢献することが特徴です。

インターンは興味がある仕事を体験する機会になるため、経験を通してやりがいを感じるようになります。

ちなみに、インターン生の具体的な業務内容は以下のようになり、基本的にドローンショーをサポートすることです。

インターン生の業務内容

・ドローンショーのサポート
・空撮のサポート
・機体の開発や組み立て

・システム開発

・WEBメディア運用

・3Dアニメーション作成

・インターン生の採用活動

ドローンショーは企画から実現に至るまで様々な業務がありますが、職業体験としてサポートすると携わるスタッフの一人として貢献できます。

ドローンショーを行っている企業

日本でドローンショーを開催する企業は株式会社ドローンショーと株式会社レッドクリフの2社であり、それぞれの特徴を知ると興味を持てます。

ドローンショーは実現するためにアニメーションやプログラミングが必要になりますが、現時点では日本において専門の企業は限られます。

また、ドローンショーは10分程度で終了するエンターテイメントですが、開催するまでに多くの工程があり専門的な知識を持つ人材を集めることが必要です。

このため、ドローンショー専門の企業が必要ですが、現在では株式会社ドローンショーと株式会社レッドクリフの2社のみです。

新規にドローンショーを開催したいときは企業の特徴を確かめ、要望に合わせて対応してもらえるように選ぶ必要があります。

株式会社ドローンショー

出典:株式会社ドローンショー

株式会社ドローンショーの会社概要は以下の通りで、2020年4月に設立された新しい企業です。

名称株式会社ドローンショー
代表取締役山本雄貴
資本金5600万円
設立2020年4月1日
所在地金沢オフィス:石川県金沢市野町3-11-1
野々市オフィス:石川県野々市市末松3-570
事業内容ドローンショー事業、クリエイティブ事業

企業のモットーは、ドローンが当たり前のように街中を飛び交って人々の生活を豊かにする社会を実現することであり、ドローンショーを通じて魅力を発信するよう努めています。

株式会社ドローンショーは金沢オフィスと野々市オフィスを拠点に、ドローンショー事業とクリエイティブ事業と手分けしているためプロの育成が可能です。

ドローンショーはドローンにLEDライトを搭載して上空に放ち、企業ロゴやイラストなどを上空で表現します。

このため、ドローンショーを実現するためにはアイデアを活かすためにテクノロジーやアートの専門家が必要になりますが、1つの企業で一括することで外部機関に依頼しないためコストを削減しています。

ドローンショーはドローンの開発やアニメーション制作などがありますが、同じ企業で手掛けることでスムーズに実施しかかるコストを減らして低価格で実現可能です。

株式会社ドローンショーが実施したドローンショー

株式会社ドローンショーが実施したドローンショーは様々なコンセプトを決めて実施され、個性的な演出で観客の気分を奮い立たせてイベントを盛り上げました。

最近では稗田ゆく年くる年ドローンショーが2023年元旦に岡山県倉敷市で開催され、2023年の初日の出をコンセプトにドローンで表現しています。

そのほか、熱海海上花火大会やM-1グランプリ2022開会式などがあり、大会のコンセプトに合わせたロゴやイラストなどを上空に映し出していることが特徴です。

株式会社ドローンショーはアニメーションやドローンの開発などを手掛けているため、クライアント様の要望に合わせたエンターテイメントを実現しています。

株式会社レッドクリフ

出典:株式会社レッドクリフ

株式会社レッドクリフは2019年5月15日に設立した企業で、会社概要は以下のようになります。

名称株式会社レッドクリフ
代表取締役佐々木孔明
資本金1億2,550万円
設立2019年5月15日
所在地東京都新宿区新宿4-3-15レイフラット新宿B棟3階

代表取締役の佐々木孔明氏は中国ドローン大手企業のDJIでインストラクターを担当し、地上波放送全テレビ局の空撮や東京オリンピック撮影を担当しました。

株式会社レッドクリフはプロデューサーやアニメーションデザイナー、ドローンショーのオペレーターを積極的に募集し、日本最大のドローンショーを実現するよう努めています。

企業のコンセプトは、世界レベルのドローンショーを日本の皆様に提供し日常のエンターテイメントとして定着させることです。

株式会社レッドクリフが手掛けるドローンショーのイベントは以下の事例があり、屋外イベント、記念イベント、スポーツイベント、花火大会があります。

ドローンショーを開催するまでの期間はお問い合わせから本番まで1ヶ月であり、機体数や飛行時間に合わせたプランを提供しています。

株式会社レッドクリフが実施したドローンショー

株式会社レッドクリフが手掛けたドローンショーは2022年に『ポケモン GO』スペシャルドローンショーが有名で、700機のドローンを使って日本全国の花火大会で実施されました。

『ポケモン GO』スペシャルドローンショーはポケモンキャラクターだけでなく、Pokemon GOのロゴやメッセージなどもあり株式会社レッドクリフで最大規模のエンターテイメントでした。

そのほか、第41回横浜開港祭ドローンショーやウクライナ支援ドローンショー、東海オンエア生ドローンショーIn岡崎城があり、コンセプトに合わせたショーで多くの観客を魅了しました。

株式会社レッドクリフのドローンショーは色鮮やかなデザインが多く、使うドローンも自社で開発するため要望に合わせて楽しめるようにしてもらえます。

まとめ

ドローンショーを実施するためには関係箇所に携わる人員が必要なため、開催する企業で求人を募集しています。

求人を募集する仕事は基本的にパイロットやアニメーター、法人営業、インターンがありますが、パイロットはドローンがプログラミングで操作されているためほとんどありません。

しかし、アニメーションや法人営業に関しては専門的な知識や経験が必要ですが、重要な業務のため必要な人員を積極的に募集しています。

インターンの仕事は時給制でドローンショーのサポートですが、経験を通してエンターテイメントに貢献できるためやりがいがあります。

ドローンショーを実施する企業は日本国内では株式会社ドローンショーと株式会社レッドクリフが有名ですが、自社でドローンを開発しプロデュースやアニメーションを制作することでコストダウンしています。

ドローンショー開催の流れ

1.お問い合わせ

2.ロケハン

3.アニメーション制作

4.許可申請

5.リハーサル

6.ショー本番

ドローンショーの開催については、下のボタンよりお気軽にお問い合わせください。